楽天携帯事業参入ー対応機種について

楽天モバイルはMVNO(仮想移動体通信事業者)として通信サービスを提供してきましたが,2019年10月頃からはMNO(移動体通信事業者)として通信サービスを提供することになります。

2019年3月14日付けのお知らせでは,この2つの種類のネットワークを次のように分類しています。

  • 楽天モバイルのネットワーク(MVNO)(ドコモ回線とau回線)
  • 自社回線(MNO)

新規参入して提供するものを「自社回線(MNO)」と呼ぶことにしたようです。

また,2019年3月14日付けのお知らせでは自社回線(MNO)に対応する機種が発表されました。末尾に「その他の製品につきましては非対応となります」と注意書きがあるため,現在のところは,記載されたわずかな機種のみの対応になります。
(ただし,この注意書きが「ルーター」のみにかかっているのか,「スマートフォン」「ルーター」の両方にかかっているのか,微妙なところではあります。)

以前の記事で,楽天の自社回線(MNO)はドコモではなくau回線へローミングすることになったため,au VoLTEに対応した端末が必要になり,対応機種が少なくなると指摘しました。

予想以上の対応製品の少なさになっています。国内メーカーのスマートフォンでは,SIMフリーのSH-M05,SH-M06,SH-M07,SH-M08,SH-M09のわずか5機種のみの対応となっています。

au から発売されている au VoLTE 対応スマートフォンについての記載がありません。

今後動作確認が済み次第,au から発売されている au VoLTE 対応スマートフォンについても対応機種に追加されるという可能性があります。

もしかしたら,楽天の自社回線(MNO)は一部地域を除きau回線にローミングを受け入れてもらっているため,auのユーザーがauのスマホを楽天の自社回線(MNO)でそのまま使えないように配慮するという可能性も考えられなくはありません。

楽天の自社回線(MNO)に対応する端末が増えるように対処が求められるでしょう。

参考資料

https://mobile.rakuten.co.jp/news/service_20190314/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする