Windows 10 のシステム全体のイメージバックアップの作成方法

システムイメージの作成

システムイメージの作成とは?

コンピューターが正常に動作しているときに,Windows 10がインストールされているドライブ全体のイメージバックアップを作成することが大切です。コンピューターにソフトウェア上の不具合(システムファイルの破損,ウイルス感染など)が生じた場合に,正常に動作していた状態に復元することができます。

システムイメージには,システムドライブに保存されているデータのすべてが含まれます。システムドライブ以外に保存したデータや,システムイメージ作成後に更新したデータは,別途,定期的にバックアップする必要があります。

リカバリディスク(再セットアップディスク,回復ドライブ)ではダメなのか?

コンピューターの調子が悪い場合,リカバリディスク・再セットアップディスク・回復ディスクを使用して,Windows 10を工場出荷時(リカバリディスク・再セットアップディスク使用時)や回復ディスク作成時の状態に復元することができます。

しかし,これらはあくまで,システムの復元をすることができるのみで,コンピュータを購入後に追加したソフトウェアや,各種設定は含まれませんので,すべてやり直しになる点に注意しなければなりません。

リカバリディスクについて

ここ数年のメーカー製PC(NEC,富士通,東芝など)では,Windows 10 の初期化に必要なリカバリディスクが付属しないのが原則です。そのため,購入後は速やかにリカバリディスクを作成することを強くお勧めします
リカバリディスクが付属しない場合,リカバリ用のデータがシステムと同じディスクに格納されています。そのため,PCの調子が悪い時に初期化しようとしても,リカバリ用のデータが破損していて初期化できないことがあります。
リカバリディスクは,最近の機種では,USBメモリで作成することが多いようです。(DVD-RやBD-Rに作成できないPCがあります。)機種によって,必要なUSBメモリの容量が異なりますので,事前に必要な容量のUSBメモリを用意しましょう。
なお,16GB以上の容量が必要と表示された場合で,16GBのUSBメモリを使用しようとしたところ,容量が足りず,32GBのUSBメモリが必要だった,ということがよくありますので,ご注意ください。
なお,作成したリカバリディスク(USBメモリー)は,間違えて必要なファイルを削除してしまわないように,通常のデータ保存には使わずに,大事にしまっておきましょう。

Windows 10の「バックアップと復元(Windows 7)」は非推奨。

実は,Windows 10標準の機能で,「バックアップと復元(Windows 7)」という機能があります。「バックアップと復元(Windows 7)」では,Windows 10がインストールされているドライブ全体のイメージバックアップを作成することができます。

しかしながら,外付けHDDにバックアップを作成する際に,バックアップ先のフォルダ名が固定のため,1パーティションあたり1つのイメージの作成しかできないという不便な点があります。また,管理人も以前これを利用していましたが,復元に失敗したことがあり,あまり信頼できないと考えています。

Microsoftも,Windows 10に標準搭載されている「バックアップと復元(Windows 7)」によるシステムイメージの作成機能は「非推奨」としています。

そのため,Microsoft以外のサードパーティ製のソフトウェアを使用して,システムイメージの作成をする必要があります。

おすすめのバックアップソフト

1.(定番)Acronis True Image 2018

Acronis True Image は,イメージバックアップのソフトとして一番有名なソフトです。

世界中の多くの方が使用しているソフトですので,利用者が多い分,情報が多く,問題が発生した時にインターネットから解決策を探しやすいというメリットがあります。

ハードディスクやSSDを製造・販売している,ウェスタンデジタル(Western Digital),サンディスク(SanDisk)では,製品購入者向けにAcronis True Image の機能制限版(そのメーカーのハードディスクまたはSSDが接続されている必要があるほか,一部機能に制限あり)を無料で提供しています。


SanDisk SSD PLUS 120GB [国内正規品]メーカー3年保証付 SDSSDA-120G-J26


WD SSD 内蔵SSD 2.5インチ 120GB WD Green SATA3.0 6G / 3年保証 / WDS120G1G0A

とくにこだわりがなければ,Acronis True Image を選んでおけばよいでしょう。

欠点としては,パッケージ版を購入しても紙冊子のマニュアルは付属しません(プロダクトキーとDVDディスクのみ)。マニュアルはPDFで提供されています。また,マニュアルの日本語が直訳調で,初心者にはわかりづらい用語が多いかもしれません。


Acronis True Image 2018 1台版


Acronis True Image 2018 1台アカデミック版

2.(管理人使用中)HD革命/BackUp Next Ver.3

HD革命/BackUp Next Ver.3 は,アーク情報システムが販売するバックアップソフトです。

純国産のバックアップソフトと謳われているだけあって,日本のメーカー製PCとの相性が期待できます。

また,管理人もメールサポートを利用したことがありますが,スムーズに回答が送られてきました。また,パッケージ版には,紙冊子のマニュアルが付属しており,マニュアルでは画面の画像がふんだんに使われており,初心者にも安心できると思います。

Acronis True Image 2018に比べると,価格が少し割高ですが,サポートが必要そうな場合にはこちらを選ぶとよいでしょう。

なお,なぜ管理人がAcronis True Imageではなく,HD革命/BackUp Next Ver.3 を選んだのかというと,以前のバージョンのAcronis True Imageでは,復元時に使用するWinPEディスクから起動すると,GUIが【英語】だったからです。現在のバージョンでは,どちらも日本語表記になっています。


HD革命/BackUp Next Ver.3 Standard 乗り換え/優待版


HD革命/BackUp Next Ver.3 Professional 乗り換え/優待版



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする