分かりやすい!nasneの接続方法を図解!

nasneにアンテナケーブルとLANケーブルを接続する方法を図解!アンテナ端子のある部屋とルーターを設置している部屋が別の場合の接続方法も!

nasne の設置には,アンテナケーブルとLANケーブルを接続する必要があります。

基本的な接続方法は,nasne 公式ホームページに掲載されていますが,ルーターとnasneが別の部屋にある場合などの接続方法について解説したいと思います。

nasne | 接続方法 | プレイステーション
nasne™ をネットワーク接続するには?(有線 / 無線) | PlayStation.com

nasneの接続方法について,具体的に図で示しながら,解説したいと思います。

はじめに アンテナ端子の場所を確認

nasneには,アンテナケーブル(同軸ケーブル)を接続する必要があります。LANケーブルとは異なり,アンテナケーブルを無線化する手段はありませんので,nasneは壁のアンテナ端子がある場所の近くに設置する必要があります。

※nasneの近くに電源コンセントが必要です。

①壁のアンテナ端子がルーターと「同じ部屋」にある場合と,壁のアンテナ端子がルーターとは「違う部屋」にある場合では,接続方法が異なるため,それぞれの場合に分けて説明します。

①アンテナ端子がルーターと「同じ部屋」にある場合→ケース1

nasneは,「ネットワークレコーダー」ですので,家庭内ネットワーク(LAN)に接続して利用することになります。テレビの視聴などはすべてLAN経由で行います。

アンテナ端子がルーターと同じ部屋にある場合,とても簡単に接続できます。nasneと壁のアンテナ端子をアンテナケーブル(同軸ケーブル)で接続し,nasneとルーターをLANケーブルで接続します。そして,nasneとACアダプタ,壁の電源コンセントを接続すれば,接続完了です。

詳しくは,ケース1の「ルーターの設置場所とnasneの設置場所が同じ場合の配線図」および説明をご覧ください。

②アンテナ端子がルーターと「違う部屋」にある場合→ケース2

アンテナ端子がルーターとは違う部屋にある場合,nasneはアンテナ端子のある部屋に設置します(アンテナだけは無線化できないからです)。そして,nasneとイーサネットコンバーターをLANケーブルで接続します。イーサネットコンバーターの設定画面から,無線LANルーターのSSIDとパスワードを設定し,接続します。

イーサネットコンバーターを別途用意する必要があります。イーサネットコンバーターは,「無線LAN子機」と表記されることもあります。現在設置されているルーターとは「別に」,「無線LAN子機」に切り替える機能があるルーターをもう1台購入し,「無線LAN子機」として使用する方法もあります。

詳しくは,ケース2の「ルーターの設置場所(部屋1)とnasneの設置場所(部屋2)が異なる場合の配線図」および説明をご覧ください。

※アンテナ端子がルーターとは違う部屋にある場合,ルーターのある部屋に,地上デジタル放送の室内アンテナを設置することで,アンテナとルーターが同じ部屋にあることになり,「①壁のアンテナ端子がルーターと「同じ部屋」にある場合」と同様に接続することができます。しかし条件があり,室内でも十分に受信できる程度に強い電波が受信できる地域に限られます(いわゆる「強電界地域」)。


日本アンテナ 室内アンテナ(ブースタ内蔵) CRAB10 CRAB10

アンテナ端子が他の機器に使われている場合

壁のアンテナ端子がすでに他のテレビやレコーダーで使われている場合,テレビ・レコーダーに内蔵されている分配器を利用することができます。この場合,テレビまたはレコーダーのアンテナ出力端子とnasneのアンテナ入力端子をアンテナケーブルで接続します。

別途「分配器」を購入して,アンテナケーブルを分岐させることもできます。

ケース1 ルーターの設置場所とnasneの設置場所が同じ場合の配線図

ケース1の図は,「ルーターの設置場所とnasneの設置場所が同じ場合の配線図」です。

これが基本的な接続方法です。nasneのマニュアル通りに接続すると,基本的に上記のような接続方法になります。ルーターの設置場所とアンテナ端子のある部屋が同じ場合は,このようなシンプルな接続になります。

上記の図は,「モデム」と「ルーター」が分かれて示されています。光回線を利用中の場合,「モデム」ではなく,「ONU(回線終端装置)」が設置されています。「ONU(回線終端装置)」と「ルーター」は,一体化していることが多いようです。

なお,ONUに一体化しているルーターの無線機能が11acに対応していないため低速な場合には,ONUのルーター機能をオフにし,別のルーター(Aterm WG2600HP2 など)を使用することができます。また,ONUのルーター機能を有効にしたまま,別のルーター(Aterm WG2600HP2 など)をアクセスポイントモード(APモード)に設定することも可能です。

なお,Aterm WG2600HP2 などのネットワーク分離機能はルーターモード(RTモード)だけではなく,アクセスポイントモード(APモード)でも利用できます。

ONUの設定方法は,光回線のプロバイダ等にお問い合わせください。なお,ONUのルーター機能をオフにせずに,別のルーターを追加で設置すると,いわゆる「二重ルーター」となり,インターネット接続速度の低下や意図しない接続トラブルにつながることがあります。明確な理由がない場合は,必ずルーター機能が有効になっているのは1台のみにしてください。

ADSLや,CATV(ケーブルテレビインターネット)などの場合でも,ADSLモデムやケーブルモデムにルーター機能がついている場合がありますので,お使いのインターネット回線接続先にお問い合わせください。

ケース2 ルーターの設置場所(部屋1)とnasneの設置場所(部屋2)が異なる場合の配線図

ケース2の図は,「ルーターの設置場所(部屋1)とnasneの設置場所(部屋2)が異なる場合の配線図」です。(※nasneのアクセス制限が必要な場合,次のケース3で説明します。)

nasneには,無線LAN機能はなく,有線LANのみ対応します。ルーターのある部屋まで長いLANケーブルを配線するという方法もありますが,露出配線は足をひっかける危険があり,見た目もよくないため,現実的ではないでしょう。

ルーターとnasneを別の部屋に設置するためには,nasneの有線LANポートを無線化するために,イーサネットコンバーターが必要になります。

イーサネットコンバーター(無線子機)

イーサネットコンバーターは無線子機とも呼ばれます。

無線LANルーターの中には,モード切替によってイーサネットコンバーターモードに切り替えることのできる機種がありますので,現在使用中のルーターとは別に,もう1台ルーター(イーサネットコンバーターモードに切り替えることのできる機種)を購入する方法があります。この場合,新たに購入したルーターは,ルーターではなくイーサネットコンバーターとして設定し,利用することになります。

nasneを複数台設置する場合や,台数を増やす可能性がある場合には,その「nasneの台数分+1」のLANポートがあるイーサネットコンバーターを選ぶようにしましょう。

「+1」とした理由は,Windows 7/8/10用ソフトウェア「PC TV Plus」からブルーレイディスク等に録画番組の書き出しをする場合,同じイーサネットコンバータに,nasneとPCを接続すると,録画番組をスムーズに安定して転送することができるからです。

スマートフォンは,常に無線LAN経由でnasneに接続することになります。PCの場合,録画番組の書き出しをしないときは,無線LAN経由でnasneに接続し,録画番組の書き出しをするときには,イーサネットコンバーターにLANケーブルを接続し,有線LAN経由でnasneに接続することもできます。なお,無線LAN経由の場合,電波状況によってはコマ落ちが発生する場合がありますので,必要に応じて,PC TV Plusの設定で画質を調整するようにしましょう。

一般的なイーサネットコンバーター機能単体の機器は,LANポートが2つ以下です。2つ以上のLANポートを確保するためには,「無線LANルーターのうち,イーサネットコンバーターモードへの切り替え機能があるもの」を選ぶことになります。その場合であっても,LANポートは最大4つになります。

5つ以上LANポートが必要な場合には,イーサネットコンバーターをもう1つ追加で設置する方法があります。

また,イーサネットコンバーターのLANポートに「ハブ」を接続することにより,LANポートの数を増やすことができますが,「ハブ」には電源が必要になりますので,電源ケーブルの数が増えるというデメリットがあります。

nasneを利用し,無線環境でテレビや録画番組を視聴する場合には,大容量のデータが転送されるため,最新の11ac規格に対応した無線LANルーターやイーサネットコンバーターを利用しましょう。


無線LANルーター(Wi-Fiルーター) 親機単体 [無線11ac/n/a/g/b・有線LAN Android/iOS/Mac/Win] 1733+800Mbps Aterm WG2600HP3 PA-WG2600HP3

無線LANルーター(Wi-Fiルーター) 親機単体 [無線ac/a/n/g/b・有線LAN WAN Android/iOS/Mac/Win] 1733+800Mbps・ギガルーター Aterm WG-2600HP2

無線LANルーター(Wi-Fiルーター)(11ac/n/a 1733Mbps+11n/g/b 450Mbps・親機単体) (ブラック) Aterm WG2200HP PA-WG2200HP

イーサネットコンバーターの設定方法

イーサネットコンバーターによって異なりますので,各機種に付属するマニュアルをご参照ください。

(1) インターネットに接続されている「ルーター」の「SSID」を調べます。
→ここでは,ルーターのSSIDが「aterm-xyz123-a」であったとします。(Atermの場合,初期設定では,5GHz帯が「aterm-xyz123-a」,2.4GHz帯が「aterm-xyz123-g」となっています。)

(2) イーサネットコンバーターの設定画面で「aterm-xyz123-a」に接続するよう設定します。

(3) イーサネットコンバーターにnasneを,LANケーブルで接続します。

このように設定すると,イーサネットコンバーターに有線接続したnasneは,「aterm-xyz123-a」に無線LANで接続しているのと同じことになり,インターネットへのアクセスやPC・スマートフォンからのアクセスが可能になります。

その後,PC・スマートフォンをnasneと同一のネットワークに接続し,PC TV Plus(Windows 7/8/10)・torne mobile(Android)などから,nasneの設定をすることになります。

ケース3 ルーターの設置場所(部屋1)とnasneの設置場所(部屋2)が異なる場合の配線図+nasneにアクセス制限が必要な場合

※上の図は一部不正確です。SSID2に接続した端末は「ネットワーク分離機能」の仕様上,ルーターの「クイック設定Web」(192.168.10.1)にアクセスすることができません。「クイック設定Web」にアクセスするには,「ネットワーク分離機能」が設定されていないSSID1に接続しなおしてからアクセスする必要があります。

※本文の加筆に伴い,図と説明との齟齬が生じていますので,SSID2は「ネットワーク分離機能」を「ON」(SSID内分離はOFF)に設定したネットワーク,SSID1は,「ネットワーク分離機能」を設定していない他のSSIDを意味する,と解釈してください。

nasneへのアクセス制限ができる無線LANルーター

nasneのアクセス制限が必要な場合,やや難しい設定が必要となりますので,本記事が理解できる程度の,ネットワークについての一定の知識が必要となります。

<共用ネットワーク><nasne専用ネットワーク(nasneに接続を許可する端末専用のSSID)>の2つを分け,それぞれにおいて同じネットワークに接続された端末どうしの通信ができるようにする必要がある場合には,NECプラットフォームズ株式会社の無線LANルーターAtermのうち,ネットワーク分離機能を「ON」かつ「SSID内分離(セパレータ)機能」を「OFF」に設定することができる「WG2600HP3」「WG2600HP2」「WG2200HP」のいずれかを用意する必要があります。

「WG2600HP3」「WG2600HP2」「WG2200HP」以外の他の機種では,ネットワーク分離機能を「ON」にした場合に,強制的に「SSID内分離機能」が有効になり,ネットワーク分離機能を「ON」にしたSSIDに接続した端末どうしの通信ができないなど,柔軟な設定ができません。

バッファローの「ゲストポート」機能についても,おそらくAtermの「ネットワーク分離機能」を「ON」,「SSID内分離機能」を「ON」にした場合と同じと考えられますので,同じく柔軟な設定ができないと思います。

<共用ネットワーク>について,インターネットにさえつながればよい,無線LANプリンタは使わない,ホームネットワークでファイルやプリンタなどの共有もしない,などの事情があれば,SSID内分離が「ON」固定となってしまう他の機種を選んでも差し支えありませんが,あまりおすすめしません。(設定方法については後日,別ページで説明する予定です。)


無線LANルーター(Wi-Fiルーター) 親機単体 [無線11ac/n/a/g/b・有線LAN Android/iOS/Mac/Win] 1733+800Mbps Aterm WG2600HP3 PA-WG2600HP3

無線LANルーター(Wi-Fiルーター) 親機単体 [無線ac/a/n/g/b・有線LAN WAN Android/iOS/Mac/Win] 1733+800Mbps・ギガルーター Aterm WG-2600HP2

無線LANルーター(Wi-Fiルーター)(11ac/n/a 1733Mbps+11n/g/b 450Mbps・親機単体) (ブラック) Aterm WG2200HP PA-WG2200HP

「ネットワーク分離機能」の設定例

1.nasneをルーターに有線LANで接続する場合

1-1.他の有線LANポートからアクセスできないようにする

nasneをLANケーブルでルーターのLANポートに有線接続した場合,他のLANポートに有線接続した端末からnasneのアクセスを制限することは,Atermの機能としてはできません。ルーターのLANポートには,nasneに接続を許可する端末のみを接続しましょう。

ルーターの他のLANポートに有線接続せざるをえない機器がある場合,nasneのアクセス制限には「nasne HOME」の「メディアサーバー設定」を使うとよいでしょう。

nasneへのアクセスを許可したい機器からnasneにアクセスすると自動でクライアント登録がされます。nasneへのアクセスを許可したい機器から少なくとも1回ずつnasneにアクセスしてクライアント登録を完了したのち,「nasne HOME」の「メディアサーバー設定」→「クライアント設定」→「クライアント登録」を「手動」に設定します。

以後,新たにクライアント登録を追加するためには,新たにnasneへのアクセスを許可したい機器からnasneにアクセスし,すでにクライアント登録がされている機器から「nasne HOME」にアクセスし,「メディアサーバー設定」→「クライアント設定」→「クライアント機器管理」から,該当する機器(MACアドレスで区別できます。)について「許可」します。

1-2.無線経由でアクセスできないようにする
(1)前提

<共用ネットワーク>… nasneに接続できないネットワーク。
<nasne専用ネットワーク>… nasneに接続を許可する端末専用のSSID。

「ネットワーク分離機能」が「OFF」の場合に,ルーターに有線接続した端末へのアクセスが可能になります。よって,<nasne専用ネットワーク>については「ネットワーク分離機能」を「OFF」に設定することになります。

一方,「ネットワーク分離機能」が「ON」の場合,ルーターに有線接続した端末へのアクセスができなくなります。よって,<共用ネットワーク>については「ネットワーク分離機能」を「ON」に設定することになります。

(2)設定例
プライマリSSID ゲストSSID
5GHz aterm-xyz123-a
<nasne専用ネットワーク>
aterm-xyz123-ax ※1
<共用ネットワーク>
ネットワーク分離ON ※2
SSID内分離OFF
2.4GHz aterm-xyz123-g
<nasne専用ネットワーク>
aterm-xyz123-gx ※1
<共用ネットワーク>
ネットワーク分離ON ※2
SSID内分離OFF

※1 クイック設定WebでWi-Fi機能を「使用する(常時)」に設定
※2 クイック設定Webで「ネットワーク分離機能」をON,「SSID内分離機能」をOFFに設定。

(3)設定後の効果

<nasne専用ネットワーク>「aterm-xyz123-a」・「aterm-xyz123-g」に接続した端末について・・・
「aterm-xyz123-a」または「aterm-xyz123-g」に接続した端末どうしの通信:可能
インターネットへの接続:可能
<共用ネットワーク>に接続された端末へのアクセス:不可
ルーターに有線接続された端末へのアクセス:可能
クイック設定Webへのアクセス:可能

<共用ネットワーク>「aterm-xyz123-ax」・「aterm-xyz123-gx」に接続した端末について・・・
「aterm-xyz123-ax」に接続した端末どうしの通信:可能
「aterm-xyz123-gx」に接続した端末どうしの通信:可能
「aterm-xyz123-ax」に接続した端末と「aterm-xyz123-gx」に接続した端末どうしの通信:不可
インターネットへの接続:可能
<nasne専用ネットワーク>に接続された端末へのアクセス:不可
ルーターに有線接続された端末へのアクセス:不可
クイック設定Webへのアクセス:不可

(4)留意点

<共用ネットワーク>の2つのSSIDである「aterm-xyz123-ax」と「aterm-xyz123-gx」は,それぞれネットワーク分離機能が適用されるため,<共用ネットワーク>の5GHz帯のSSID「aterm-xyz123-ax」と,2.4GHz帯のSSID「aterm-xyz123-gx」は別のネットワークとして取り扱われる点に注意しなければなりません。

そのため,無線LANプリンタが2.4GHz帯のみ対応の場合は,PCで印刷する際は2.4GHz帯のSSIDに切り替えて印刷する必要があります。

2.nasneをルーターに無線LANで接続する場合

(1) 前提条件

<共用ネットワーク>… nasneに接続できないネットワーク。2.4GHzと5GHzのSSID。
<nasne専用ネットワーク>… nasneに接続を許可する端末専用のSSID。SSIDは1つ。

共用ネットワークでは,2.4GHz帯と5GHz帯の両方が利用できるように設定するものとします。また,共有ネットワークの2.4GHz帯のSSIDに接続しても,5GHz帯のSSIDに接続しても,相互に通信ができるように設定するものとします。

(2) 設定例
プライマリSSID ゲストSSID
5GHz aterm-xyz123-a
<共用ネットワーク>
aterm-xyz123-ax ※1
<nasne専用ネットワーク>
ネットワーク分離ON ※2
SSID内分離OFF
2.4GHz aterm-xyz123-g
<共用ネットワーク>

※1 クイック設定WebでWi-Fi機能を「使用する(常時)」に設定
※2 クイック設定Webで「ネットワーク分離機能」をON,「SSID内分離機能」をOFFに設定。

(3)設定後の効果

<nasne専用ネットワーク>「aterm-xyz123-ax」に接続した端末について・・・
「aterm-xyz123-ax」に接続した端末どうしの通信:可能
インターネットへの接続:可能
<共用ネットワーク>に接続された端末へのアクセス:不可
ルーターに有線接続された端末へのアクセス:不可
クイック設定Webへのアクセス:不可

<共用ネットワーク>「aterm-xyz123-a」・「aterm-xyz123-g」に接続した端末について・・・
「aterm-xyz123-a」または「aterm-xyz123-g」に接続した端末どうしの通信:可能
インターネットへの接続:可能
<nasne専用ネットワーク>に接続された端末へのアクセス:不可
ルーターに有線接続された端末へのアクセス:可能
クイック設定Webへのアクセス:可能

(4)留意点

この設定の場合,<nasne専用ネットワーク>は「5GHz帯」のみになりますので,<nasne専用ネットワーク>に接続するすべての端末が「5GHz帯」に対応していることが前提になります。

2.4GHz帯にしか対応しない端末がある場合には,以下のような設定にする必要があります。

プライマリSSID ゲストSSID
5GHz aterm-xyz123-a
<共用ネットワーク>
2.4GHz aterm-xyz123-g
<共用ネットワーク>
aterm-xyz123-gx ※1
<nasne専用ネットワーク>
ネットワーク分離ON ※2
SSID内分離OFF

なお,「ゲストSSID(5GHz)」・「ゲストSSID(2.4GHz)」を有効にし,以下のような設定にした場合,「aterm-xyz123-ax」と「aterm-xyz123-gx」は別々のネットワークとして分離されますので,「aterm-xyz123-ax」に接続された端末と「aterm-xyz123-gx」に接続された端末どうしの通信はできませんので注意してください。

プライマリSSID ゲストSSID
5GHz aterm-xyz123-a
<共用ネットワーク>
aterm-xyz123-ax ※1
ネットワーク分離ON ※2
SSID内分離OFF
2.4GHz aterm-xyz123-g
<共用ネットワーク>
aterm-xyz123-gx ※1
ネットワーク分離ON ※2
SSID内分離OFF

普段<nasne専用ネットワーク>に接続している場合,クイック設定Webにアクセスするためには,「ネットワーク分離機能」が設定されていない<共用ネットワーク>に接続しなおしてからアクセスする必要があります。

「SSID内分離(セパレータ)機能」を「OFF」に設定できないとどうなるか?

Aterm の「WG2600HP3」「WG2600HP2」「WG2200HP」以外にも,「ネットワーク分離機能」に対応したものはありますが,「WG2600HP3」「WG2600HP2」「WG2200HP」以外は,ネットワーク分離機能を「ON」かつ「SSID内分離(セパレータ)機能」を「OFF」に設定することができません。

「WG2600HP3」「WG2600HP2」「WG2200HP」以外の機種では,ネットワーク分離機能を「ON」に設定すると,「SSID内分離(セパレータ)機能」が「ON」に固定されてしまいます。

「SSID内分離(セパレータ)機能」とは,同一のネットワークにWi-Fi 接続された子機との通信を制限する機能をいいます。

つまり,「ネットワーク分離」を設定したSSIDについて,「SSID内分離(セパレータ)機能」を「OFF」に設定することができないと,他の子機(=PC・スマートフォン・Wi-Fiプリンタ)との通信ができなくなってしまいます。例えば,PCと無線LANプリンタの間の通信が,「SSID内分離(セパレータ)機能」により遮断され,ワイヤレスプリントができなくなります。

※なお,無線LAN(Wi-Fi)プリンタを利用する上で,バンドステアリングとネットワーク分離機能の併用について注意点がありますので,次の記事をご覧ください。
→Aterm ネットワーク分離機能・SSID内分離(セパレータ)機能について(+バンドステアリングとの併用について)

そのように,「SSID内分離(セパレータ)機能」を「OFF」に設定できなくとも,利用用途上問題ないのであれば,「WG2600HP2」「WG2200HP」以外で「ネットワーク分離機能」に対応した機種を選んでも問題はありません。

詳しい設定方法は,以下のページにある,型番の下の「マニュアル」部分のリンクをクリックしてください。なお,機種別に管理画面のデザインが異なります。
→Aterm ネットワーク分離機能・SSID内分離(セパレータ)機能について(+バンドステアリングとの併用について)


無線LANルーター(Wi-Fiルーター) 親機単体 [無線11ac/n/a/g/b・有線LAN Android/iOS/Mac/Win] 1733+800Mbps Aterm WG2600HP3 PA-WG2600HP3

無線LANルーター(Wi-Fiルーター) 親機単体 [無線ac/a/n/g/b・有線LAN WAN Android/iOS/Mac/Win] 1733+800Mbps・ギガルーター Aterm WG-2600HP2

無線LANルーター(Wi-Fiルーター)(11ac/n/a 1733Mbps+11n/g/b 450Mbps・親機単体) (ブラック) Aterm WG2200HP PA-WG2200HP

ケース4 nasne複数台設置や,すでに壁のアンテナ端子にテレビを接続している場合のアンテナ配線のパターン

液晶テレビやレコーダーと同様,nasne本体にも分配器の機能がありますので,図のように接続すれば,基本的に分配器を別途用意しなくても,複数台のnasneにアンテナケーブルを接続することができます。

基本的に付属のアンテナケーブル(同軸ケーブル)を利用すればよいですが,長さが合わない場合には,別途用意する必要があります。アンテナケーブルには太さが何種類かあり,太いほど耐久性がありますが,一般的な用途では細くて取り回しのしやすいものを選べば問題ないでしょう。

付属のアンテナケーブル(同軸ケーブル)は黒です。別途購入するのであれば,白か黒のものがほとんどですので,配線する場所に合わせて選べばよいでしょう。

nasneにお勧めのアンテナ分配器


日本アンテナ 屋内用CS・BS対応2分配器 全電通タイプ タップ型DC専用 TWG2PA

日本アンテナ 屋内用3分配器 タップ型 2.6GHz対応 全端子電流通過型 TWG3PA

日本アンテナ 屋内用CS・BS対応4分配器 全電通タイプ タップ型DC専用 TWG4PA


nasne 1TBモデル (CUHJ-15004)



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする