CyberLink Power2Go 8 でブルーレイディスクのISOファイルが作成できない場合(仕様)

ブルーレイディスクのディスクイメージ作成

コピープロテクトがかかっていないディスク

ホームビデオなど自分で撮影した映像をブルーレイディスクに書き出した場合は,コピープロテクトはかかっていないため,原則としてディスクのコピーが可能です。

ただし,CyberLink Power2Go 8 では,「BD-R」で作成された「BDAV形式」のディスクのディスクイメージ(ISOファイル)を作成することができませんので注意が必要です(サイバーリンクサポートに問い合わせて確認した仕様です)。

サポートによれば,「BD-RE」で作成された「BDAV形式」のディスクであれば,ISOファイルを作成することが可能なようです。ただし,ドライブ付属製品(バンドル版)の場合,使用制限がかかっている場合があるようです。Power2Go 12の製品版であれば対応しているようです。

作成方法 追記 コピー・ディスクイメージ(ISO)の作成
BDAV形式 ●TMPGEnc MPEG Smart Renderer 5 など 追記することができる。 ディスクのコピーは可能。

BD-Rで作成されたBDAV形式のディスクは,ディスクイメージ(ISO形式)の作成は不可。Power2Go独自形式のP2I形式であれば作成可能。

BD-REで作成されたBDAV形式のディスクは,ディスクイメージ(ISO形式)の作成は可能。(ドライブ付属製品の場合不可の場合あり)

BDMV形式 オーサリングソフトでメニューを作成したホームビデオ
●TMPGEnc Authoring Works 6 など
1枚のディスクに記録するすべての映像を一度に書き込む必要がある。追記することができない。 (未確認のため,追って確認します。)

コピープロテクトがかかっているディスク

地上デジタル放送の録画番組をブルーレイディスクレコーダーまたはWindows用ソフトウェア「PC TV Plusicon」などでブルーレイディスク(BD-R・BD-RE)に書き出した場合,著作権保護のため「AACS」というコピープロテクトがかかっているため,ディスクのコピーやディスクイメージ(ISOファイル)の作成をすることはできません

ディスクの形式 コピー・イメージの作成
地上デジタル放送の録画番組をブルーレイディスクレコーダーまたは「PC TV Plusicon」で書き出したディスク(BD-R・BD-RE) BDAV形式

AACSによるプロテクト

できない
市販のブルーレイソフト
(BD-ROM)
BDMV形式

AACSによるプロテクト

できない

※「AACS」は,著作権法30条1項2号の「技術的保護手段」にあたりますので,AACSを解除してディスクの複製をすることは,「私的使用のための複製」の要件を満たさないため,複製権(著作権法21条)を侵害することになります。そのため,著作権者は民事訴訟でAACSを解除してディスクを複製した者に対して損害賠償請求(著作権法114条,民法709条)をすることが考えられます。「技術的保護手段」を解除してディスクを複製した場合,著作権法119条以下の罰則はないため,刑事的な責任を負うことはありません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする