アンテナを立てないでnasneを使う(フレッツ・テレビ/ドコモ光テレビオプション/So-net 光コラボテレビ,J:COM TV,eo光テレビ,コミュファ光テレビ/SoftBank 光))

テレビの電波を用意する

はじめに

nasneは,テレビ放送を視聴・録画するレコーダーです。そのため,何らかの方法でテレビ放送の電波を受信し,同軸ケーブル(アンテナケーブル)を用いて,nasneに入力する必要があります。

一番コストがかからないのが,アンテナを屋根に設置することでしょう。しかしながら,外観が損なわれたり,台風などによってアンテナが倒れたり,天候によっては受信状況が変化しブロックノイズが発生して受信することができなくなったりするという欠点があります。

地上デジタル放送のアンテナには,外壁面に取り付けできる平面アンテナもあります。また,電波塔に近い強電界の地域では,室内アンテナで受信できる地域もあります。BS・CSは衛星からの電波が弱いため,アンテナを向ける方向がシビアで,かつ窓ガラスやカーテンなどがあるだけで受信状況に影響が出るため,屋外にパラポラアンテナを設置する以外は現実的ではないでしょう。


日本アンテナ 室内アンテナ(ブースタ内蔵) CRAB10 CRAB10

アンテナ設置が難しい場合や,美観の問題からアンテナを設置したくない場合には,フレッツ・テレビ(フレッツ光のオプションサービス)などの光回線を利用したテレビサービスや,ケーブルテレビ(J:COMなど)と契約する必要があります。

本記事では,特にことわりのない限り,表示されている価格は税抜価格です。
nasneで「録画できる」「録画できない」と書いてある箇所は,一般的なブルーレイディスクレコーダーにも当てはまりますので,読み替えていただいても問題ありません。

テレビとインターネットはセットで!

アンテナを設置せずに地デジ・BS・CSを見るためには,テレビサービスを提供しているインターネットプロバイダと契約することが必要です。以前は,ケーブルテレビと契約するしかありませんでしたが,現在では,フレッツ光(NTT)のフレッツ・テレビをはじめとした多くの光回線を利用したインターネットプロバイダで,テレビサービスが提供されています。なお,KDDIの提供するauひかりはテレビサービスを提供していませんのでご注意ください。

フレッツ光や光コラボ(※1)のフレッツ・テレビ(※2)は,テレビサービス単体では契約することができません。地デジ・BSで660円(CSは追加料金)ですが,その前提として光回線インターネットの契約が必要になる点に注意しましょう。フレッツ・テレビは,単独では契約できません。

J:COMなどのケーブルテレビでは,テレビサービス単体での提供を行っていますが,テレビサービス単体では割高で,ケーブルテレビのインターネット回線(CATV)とのセットで契約するのが現実的です。

このように,アンテナなしでテレビを見るには,インターネット回線とセットで契約することになります。

※1 「光コラボレーション」(光コラボ)とは,NTTから光コラボ事業者に卸売された光回線です。利用している回線は,NTTのフレッツ光と同じものです。
フレッツ光は,光回線はNTTと契約します。これに加えて,プロバイダはOCN・BIGLOBE・So-netなどの中から選んで契約します。回線とプロバイダが分かれています。
光コラボは,プロバイダが光回線とプロバイダサービスをセットで提供します。NTTではなく,プロバイダ(光コラボ事業者)と契約することになります。プロバイダが回線もセットにして提供しています。
本記事で紹介している「So-net 光コラボレーション」は,So-netというプロバイダが提供する光コラボのサービスです。
※2 光コラボの場合,名称が異なる場合がありますが,基本的に同じサービスです。 例:「ドコモ光テレビオプション」(ドコモ光の場合)

スマホ代とセットでお得

本記事をご覧の皆様は,おそらくドコモ・au・ソフトバンクのいずれかのスマートフォンをご利用中だと思います。キャリアごとに,セットで契約することで,スマートフォンの利用代金が割引されるインターネット回線(光回線またはケーブルテレビ)があります。

(同じ日に契約することではありません。スマホと光回線のどちらかが先でどちらかが後でも問題ありません。両方がそろった時点から割引が可能になります。念のため。)

ドコモ・au・ソフトバンクそれぞれとセット割引が適用できるインターネット回線で,テレビサービスもあるものを見ていきましょう。

ドコモなら「ドコモ光」(光コラボ)

ドコモのスマートフォンをご利用になっている方の場合,「ドコモ光」がおすすめです。

ドコモ光を契約すると,ドコモのスマートフォンのシェアパックの料金から規定の金額が割り引かれます。割引額はシェアパックによって異なります。

ドコモ光は光コラボなので,フレッツ光と同じ回線を利用します。ドコモ光では,地デジ・BS・CS(プレミアム除く)がパススルーで視聴できる「ドコモ光テレビオプション」が利用できます(フレッツ光のフレッツ・テレビと同じ)。

つまり,nasneで,地デジ・BS・CS(プレミアム除く)が録画できます

auなら「スマートバリュー」が適用可能な…

So-net 光コラボレーション(全国のフレッツ光エリア)

「So-net 光コラボレーション」は,auスマートバリューの適用対象です。

光コラボで,NTTのフレッツ回線を使用しますが,KDDIグループのauスマートバリューが適用できます。

auのスマートフォンをご利用になっている方の場合,「So-net 光コラボレーション」がおすすめです。

「So-net 光コラボレーション」を契約すると,auのスマートフォンの利用料金から規定の金額が割り引かれます。割引額は料金プランによって異なります。

「So-net 光コラボレーション」は光コラボなので,フレッツ光と同じ回線を利用します。「So-net 光コラボレーション」では,地デジ・BS・CS(プレミアム除く)がパススルーで視聴できる「So-net 光 コラボテレビ」が利用できます(フレッツ光のフレッツ・テレビと同じ)。

つまり,nasneで,地デジ・BS・CS(プレミアム除く)が録画できます

光コラボではない,So-netの他の光回線プランや,NURO光(ソフトバンクがセット割の対象)は,auスマートバリューの適用対象ではありません。
auスマートバリュー適用には,「So-net 光 コラボ電話」(固定IP電話)オプションの契約が必要です。

auを利用中で,nasneで地デジ・BS・CS(プレミアム除く)を録画したい場合には,光コラボでauスマートバリューが適用できる「So-net 光コラボレーション」がお勧めです!!

auスマートバリューが適用できる光コラボは,2017年11月に始まったばかりです。管理人も,auスマートバリュー(KDDI)が,NTT系の光回線に適用されるとは思っていませんでした。

今までは,auスマートバリューが適用でき,テレビサービスがあるインターネット回線といえば,J:COMしかありませんでした。しかし,J:COMは,地デジはパススルーでnasneで録画可能ですが,BS・CSはトランスモジュレーション方式ですので,ケーブルテレビからレンタルされるSTB(セットトップボックス)を通さないと見ることができません。STBの欠点は,nasneや手持ちのレコーダーで録画することができないことです。

何らかの理由でauにとどまる必要がある人,auが好きな人にとって,地デジ・BS・CS(プレミアム除く)をパススルーで見ることができる選択肢が登場して,うれしい限りです。

J:COM(全国)

J:COMは,auスマートバリューの適用対象です。

auスマートバリューの適用には,TV・NET・PHONE(固定電話・IP電話)のうち,いずれか2サービス以上の加入が必要です。

「NETパック」(NET+PHONE)または「スマートお得セレクト」(TV+NET)などがあります。

J:COMの指定サービスに加入すると,auのスマートフォンの利用料金から規定の金額が割り引かれます。割引額は料金プランによって異なります。

J:COM NETは,ケーブルテレビ(CATV)なので,同軸ケーブルでテレビ・インターネットを利用します。J:COM TVでは,地デジのみがパススルーです。BS・CSはトランスモジュレーション方式ですので,STBが必要になります。

つまり,nasneで,地デジのみが録画できます

J:COM TVを契約しても,nasneまたはブルーレイレコーダーで,BS・CSは録画できませんので,ご注意ください!
KDDIの提供する「auひかり」では,テレビサービスがありません
J:COMはauと同じKDDIグループのため,auひかりコースがありますが,auひかりコースを契約した場合,NETのみが光回線で,TVとPHONEは同軸ケーブルになります。したがって,TVについては,auひかりコースであっても,nasneまたはブルーレイレコーダーで,BS・CSは録画できませんので,ご注意ください!

eo光(大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀・和歌山・福井)

「eo光」は,auスマートバリューの適用対象です。

auスマートバリューの適用には,「eo光ネット」+「eo光電話」の契約が必要です。

「eo光」でも,地デジ・BSをパススルーで視聴することができます。(→BSパススルー|eo光テレビ

サービス提供地域は,大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀・和歌山・福井です。

他社サービスに比べて低価格なのが特徴ですので,上記エリアにお住まいの場合,eo光をご検討ください。

コミュファ光(中部)

「コミュファ光」は,auスマートバリューの適用対象です。

auスマートバリューの適用には,「光ネット」+「光電話」の契約が必要です。

「コミュファ光」でも,地デジ・BSをパススルーで視聴することができます。(→コミュファ光テレビ

ソフトバンクなら「SoftBank 光」(光コラボ)

ソフトバンクのスマートフォンをご利用になっている方の場合,「SoftBank 光」がおすすめです。

SoftBank 光を契約すると,ソフトバンクのスマートフォンの料金から規定の金額が割り引かれます。割引額は料金プランによって異なります。

SoftBank 光は光コラボなので,フレッツ光と同じ回線を利用します。SoftBank 光では,地デジ・BS・CS(プレミアム除く)がパススルーで視聴できる「ソフトバンク光テレビ」が利用できます(フレッツ光のフレッツ・テレビと同じ)。

つまり,nasneで,地デジ・BS・CS(プレミアム除く)が録画できます

ドコモ光(フレッツ光)とJ:COMの比較

この比較表は,ドコモ光とJ:COM TVを比較したものですが,フレッツ光のフレッツ・テレビと,光コラボのテレビサービス(ドコモ光であればドコモ光テレビオプション)は,同等のサービスですので,読み替えていただいて問題ありません。
・フレッツ・テレビ
・ドコモ光テレビオプション(光コラボ)
・So-net 光 コラボテレビ(光コラボ)
・ソフトバンク光テレビ(光コラボ)

1.テレビ

ドコモ光テレビ
(フレッツ光・フレッツテレビ〔スカパー〕)
J:COM
地デジ ○パススルー ○パススルー
BS ○パススルー ×トランスモジュレーション
 (※STB必要)
CS ○パススルー ×トランスモジュレーション
 (※STB必要)
CS(プレミアムサービス光) ×専用チューナー ×トランスモジュレーション
(※STB必要)
設置機器 ONU1台のみ
(NET・電話・TV)
・ケーブルモデム(NET)
・VoIPモデム(電話)
設置機器(STB) ○地デジ・BSは不要
CS(プレミアムサービス)は専用チューナー必要
(2年間無料・以降900円/月)
地デジのみ不要
×BS・CSはTV1台ごとにSTB設置必要
nasneで録画できる放送 ○地デジ・BS・CS(プレミアムサービス除く) ×地デジのみ
TV料金 ①~④のいずれかの料金

〔地デジ・BS〕
①ドコモ光テレビオプション
660円
(ドコモ光テレビオプション伝送サービス利用料450円・スカパーJSAT施設利用サービス利用料210円)

〔地デジ・BS・CS〕
②5チャンネル 2883円
③47チャンネル 4450円
④60チャンネル(スカパープレミアムサービス) 5729円(2年間4812円)

×地デジ単独コースがない

※TV単独だと割高
TV(80ch) 5280円~

TV単独契約 ×(光NET回線必須) ○(TVのみ契約可だが,TV単独だと割高)

nasneで地デジ・BS・CS(プレミアム除く)を見たいという方は,必ずドコモ光テレビ(フレッツ・テレビ)を選んでください。ドコモ光テレビ(フレッツ・テレビ)では,地デジ・BSが660円で見られますので,お勧めです。J:COM TVはBS・CSがトランスモジュレーション方式ですので,nasneではBS・CSが録画できませんので,選んではいけません。

nasneで地デジのみ録画できればよいという方は,ドコモ光テレビとJ:COM TVのどちらでもよいでしょう。ただし,J:COMは地デジ単独での契約ができない点は注意が必要です。

J:COMの場合,TVのみの契約だと最低でも,TV(80ch) 5280円になりますが,TVとネットの2つの契約の場合,TV(32ch)+NET(12M) 5219円〔2年契約〕,TV(32ch)+NET(120M) 6171円〔2年契約〕になります。J:COMはパックで契約するとお得ですので,J:COM公式ホームページの料金シミュレーションを利用しましょう。

2.ネット

ドコモ光 J:COM
NET 基本料金 △高額,1プランのみ ○低速で安価プランあり
TV・電話の契約の前提にNETが必須か? はい。NETは1プランのみ。 いいえ。NET契約任意。
安いNETプランあり。
ドコモ光戸建てAタイプ
(2年契約)5200円
(2年契約なし)6700円
JCOM NET契約任意(プラン変更可能)
1M 2980円~
320M 6000円
(2年契約320M 5200円)
NET方式 光ファイバー 同軸ケーブル
NET速度 下り 1Gbps(1000Mbps)
上り 1Gbps(1000Mbps)
下り 320Mbps
上り 10Mbps
プロバイダ 選択可能
ドコモnet メール1個1GB(POP3)
選択不可
メール5個
えらべ~るアドレス(~@***.zaq.jp)
~@docomonet.jp ~@jcom.zaq.ne.jp

J:COMは,NETのプランの選択ができるメリットがあります。1Mbpsコースが2,980円ですので,最低維持料金は光回線より圧倒的に低くなります。光回線はプランは1つで,節約しようにも節約できませんが,J:COMはプラン選択の自由があります。

J:COMは同軸ケーブルを使用して通信するため,その性質上,J:COM NETの一番高速なプランでも,上り速度(データ送信速度)が10Mbpsにとどまります。大容量のデータを送信する際に時間がかかる点がデメリットになります。

J:COMは,メールアドレス(~@jcom.zaq.ne.jp)を5個使用でき,メールアドレスそれぞれにサブの転送アドレス(~@***.zaq.jp)を1つずつ設定することができます。サブの転送アドレス(~@***.zaq.jp)宛に送信されたメールは,それぞれのメールアドレス(~@jcom.zaq.ne.jp)のメールボックスに配信されます。

J:COMの同軸ケーブルは太く取り回しがしにくいため,壁からケーブルモデムに伸びる配線が煩わしく感じる方がいるかもしれません。

一方,光回線は,光ファイバーケーブルが細く,大変デリケートで容易に断線する可能性がありますので,取り扱いには注意が必要です。

3.電話

ドコモ光 J:COM
電話 基本料金(自由) ドコモ光電話 500円 (1330円)
電話単独契約 ×(光NET回線必須) ○(電話のみ契約可)

J:COMの場合,固定電話(J:COM PHONE)を契約すると,VoIPモデムが1台追加で設置されるという欠点があります。

ドコモ光の場合,ONUに一体化されていますので,コンパクトです。

J:COM PHONEを契約した場合,電話機とVoIPモデムを直接モジュラーケーブルで接続することになります。

ドコモ光電話の場合でも,電話機とONUを直接接続することになります。

基本的に,壁の既設のモジュラージャックは利用できませんのでご注意ください。利用したい場合は,別途「保安器折り返し工事」を行う必要があります。

4.比較にあたって

フレッツ光・光コラボ

フレッツ光や,光コラボ(ドコモ光,So-net 光コラボレーション,SoftBank 光)を利用する場合,まず光インターネット回線の料金である5200円は必須になります。

これに,フレッツ・テレビ(ドコモ光テレビオプションなど同等サービス),スカパーパック料金,固定電話などのオプションを必要に応じて上乗せして,合計金額を計算することになります。

auスマートバリューの適用を受けたいが,地デジ・BSをパススルーでnasneで録画したいという方には,「So-net 光コラボレーション」がお勧めです。

J:COM

J:COMを利用する場合,NET,TV,電話の3つを自由に組み合わせることができますが,いずれか1つを単独で契約する場合,かなり割高になりますので,2つ以上のサービスを組み合わせるのがよいでしょう。2つ以上の組み合わせの場合,パック料金となり,お得になります。

J:COM公式ホームページから,料金のシミュレーションをすることができますので,必要なサービスを指定して,合計金額を計算することになります。2年契約のないプラン,低速安価なNETプランなどがあります。

eo光

eo光のエリア(大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀・和歌山・福井)にお住まいの場合,eoひかりがお得ですので,ご検討ください。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする